クラブ概要

ロータリーとは

私たちは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています。

詳しく見る

会長挨拶

「この一年で学ぶこと」

先日の新聞で、ある高僧のお言葉が掲載されていました。「これからも精進して奉仕してまいります。」この一言が意味することを、私は草津ロータリークラブで学んでいると感じます。

草津ロータリークラブで会長をさせていただけることは、すなわちロータリーを今よりも深く学ぶ機会を得たことでもあります。特に職業奉仕についてこの一年自分のペースで少しでも理解したいと思います。

草津ロータリークラブでは例会場の入り口に“入りて学び、出でて奉仕せよ”と掲げられています。また入会時には四つのテストの説明を受けます。例会時のロータリーソングに四つのテストもあります。この四つのテストですが、記載されている内容はいたって常識的な事です。しかし、意識しなければ真実を自分に都合よく解釈し公平さを欠きます。よくよく考えれば、徳の高い高僧の方ですら人の道を理解することはできても、正しい人の道を継続することは困難であると理解できます。凡人の私は入りて学び続けることが、大きな失敗をすこしでも未然に防いでいけると信じています。

ロータリーではさらに最もよく奉仕する者、最も多く報いられると教えられています。この一連の教えでは円周率のように答えはエンドレスにないですが確かな方向性と正解に近い答えは必ずあるということだと思います。地区大会やRLI・PETSなどに参加させていただいた時に、人生の大先輩がロータリーについて語られています。その答えは、学び続けることであると解釈いたしました。

一人で学び続けることは大変困難です。学びの場こそが例会であると先輩から教わりました。例会では多種多様な職業の方との出会いにより学びます。そして会員の皆様と一緒に学ばせていただけることは一人ではないとあらためて思います。

会長をさせていただくにあたり例会の重要性をあらためて認識いたしました。この一年皆様のご指導をいただき例会で学び、少しでも“まっすぐ前へ”成長したいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

会長 草木 幹雄

提唱クラブ

草津ローターアクトクラブ

草津ローターアクトクラブは1989年6月24日に草津ロータリークラブ20周年記念事業として、チャーターメンバー29名を迎え創立総会が開催されました。同年10月22日には認証状伝達式があり、輝かしい希望とその実現に向かって活動が動き出しました。
現在、毎週第一、第二水曜日 午後8時よりあたか飯店 草津店にて例会を開催しています。ローターアクトに参加するには まずは、草津ローターアクトクラブまでご連絡ください。

メール問い合わせ

聖パウロ学園 光泉カトリック中学・高等学校インターアクトクラブ

インターアクトクラブとは、ロータリークラブによって提唱された、12歳から18歳までの青少年のための奉仕クラブです。クラブの活動を通してリーダーシップを発揮し、地域社会や国際社会に貢献することが目的です。 聖パウロ学園 光泉カトリック中学・高等学校インターアクトクラブは、草津ロータリークラブの提唱によって2009年7月19日に創設され、同年12月12日、認証状の伝達を受け第2650地区の会員となりました。

主な事業

青少年奉仕

草津市学童軟式野球連盟結成記念大会 兼草津ロータリークラブ杯争奪学童野球大会 を後援しています。

社会奉仕

草津駅及び南草津駅にフラワーボックスを設置いたしております。

地区青少年交換

ロータリー青少年交換( Rotary Youth Exchange)は、国際ロータリーにおける奉仕活動の一つで、高校生の交換留学を行っています。原則として交換留学(派遣した地区から受け入れる)制度を採っているこのプログラムは1929年にはじまり、現在では他国の文化を経験するために毎年約9000人もの生徒が世界中で留学しています。草津ロータリークラブではスポンサークラブとして2017-18年度はブラジルより交換学生を受け入れ、草津クラブからもブラジルに派遣しています。

台湾・吉安ロータリークラブ青少年交流事業

1989年7月、青少年の視野を大きく世界に拡げ、国際理解と親善を深めることを目的に、姉妹クラブである台湾・吉安ロータリークラブとの間で青少年交流事業が始まりました。毎年夏休みを利用して両国間で青少年の派遣・受入を続けて28年目を迎え、今年度は4名の青少年が台湾から草津に来ました。7月27日より一週間ホームスティしながら交流を深めました。

職業奉仕

綾羽高等学校生の就職模擬面接を行いました。

今年度の活動方針

“まっすぐ まっすぐ前へ” ~始まりは親睦そして職業奉仕~

世界及び我が日本も新型コロナウィルスとの共存時代にはいりました。地球をコントールできると自負した我々人類は現実に気付かされました。やはり自然は学ぶべきものであります。人類の英知を結集して歩んでいかなければなりません。

草津ロータリークラブは会員自らの職業及び経験してきた事、そして理念により長きにわたり活動してきました。また草津ロータリークラブの特徴として青少年に係る奉仕活動は他の類を見ず、まさに誇れるものであります。

さて今年度のテーマは“まっすぐ まっすぐ前へ”としました。今の時代は特に困難や迷ったときは、まっすぐそして前へ進むことは大切であります。人によって歩幅や歩む速さは様々です。

前へ進むことは大変難しいです。立ち止まっている時でさえ時は進みます。常に時に追われるのではなく、共に進みたいと願います。

サブテーマには~始まりは親睦そして職業奉仕~とさせていただきました。ロータリーは根源ともいうべき職業奉仕と親睦を大切にされてきたと思います。辞書では職とは生活を支えるための勤めとあります。また業とは毎日の義務として一定量こなさなければならない仕事と記載されています。そして奉仕とは報酬を度外視して人のために尽くすこととあります。職業奉仕はロータリー活動の中では一生のテーマです。人が生きている上でいかなる場面にも職は存在いたします。業という義務も存在いたします。またロータリーでは「最もよく奉仕する者、最も多く報いられる」と教えられています。

そして卒業がないロータリー活動において、その会員になることは一生の友達となることと同意です。そのためには親睦は欠かすことのできない活動となります。職業奉仕と親睦はまさに大切な活動であると認識して学び実践していきたいと思います。

会長 草木 幹雄

組織情報・沿革

名称 草津ロータリークラブ
例会場 クサツエストピアホテル2階
事務局 〒525-0037 滋賀県草津市西大路町4-32 クサツエストピアホテル内
TEL.077-564-9111 FAX.077-564-9112
区域 滋賀県草津市
創立 1970年(昭和45年)5月28日
国際ロータリー加盟認証 1970年(昭和45年)6月9日
認証状伝達式 1970年(昭和45年)11月7日
スポンサークラブ 大津ロータリークラブ
特別代表 獄山貞治郎
チャーターメンバー 27名
現会員数 29名(2021年7月1日現在)
PAGE TOP